ラーメン@IEKEI_TOKYO 王道家直系(末広町駅) ★★★★★

IEKEI_TOKYO 王道家直系

今回は末広町駅。2021年7月オープンの新店です。
柏 王道家が都内は末広町に初進出。
気になるもオープンしばらくは行列がすごいとのことで、落ち着くのを待っていました。
少し落ちついたところで向かってみますよ。

2021年216杯目

東京メトロ銀座線に乗って末広町駅を目指します。
到着すると、3番出口を出て北上します。
右に折れて練成通りを少し歩くと到着です。

駅からは程なく、シンプルな道のりで迷わず到着することができました。
18時5分頃到着で店内は満席となっており、スタッフに店頭のベンチで座って待つように案内されます。
事前情報では整理券システムだと思っていましたが、並びでOKだったようです。
4分程待つと、スタッフに店内に入って食券を購入するように案内されます。
ささっと店内へ。

店内には券売機が設置されており、先に食券を購入するシステムとなっています。
まずは消毒用アルコールで手を消毒します。
メニューはラーメン、野菜ラーメン、ネギラーメン(白)、ネギラーメン(赤)、ラーメン、つけ麺、ネギつけ(白)、ネギつけ(赤)、油そばのラインアップとなっており、組み合わせでチャーシューメン(3枚)、チャーシューメン(5枚)が選べるようです。
ここはあまり悩まず、ラーメンをポチっとな。
お供に半チャーシューまぶしもポチります。
食券を取り出すと店内のベンチでさらに待ちます。
3分程待つとスタッフに食券を回収され、お好みを尋ねられます。
すべて普通でお願いすると、空いたカウンター席へ案内されます。

給水器で水を汲んでから着席します。
外を見ると行列が延びており、もちろん店内も満席という状態でした。
ちょうど寸胴鍋の前ということもあり、かなりの熱気を感じます。
精神を静まらせながら待ちます。

ラインアップ

メニュー料金
ラーメン700yen
チャーシューメン(3枚)850yen
チャーシューメン(5枚)1,000yen
野菜ラーメン750yen
野菜チャーシューメン(3枚)900yen
野菜チャーシューメン(5枚)1,050yen
ネギラーメン(白)900yen
ネギチャーシューメン(白)(3枚)1,050yen
ネギチャーシューメン(白)(5枚)1,200yen
ネギラーメン(赤)900yen
ネギチャーシューメン(赤)(3枚)1,050yen
ネギチャーシューメン(赤)(5枚)1,200yen
ミニラーメン500yen
つけ麺850yen
つけチャーシューメン(3枚)1,000yen
つけチャーシューメン(5枚)1,150yen
ネギつけ(白)1,050yen
ネギつけ(赤)1,050yen
油そば800yen

お店の情報

訪問日2021年7月28日
店名IEKEI_TOKYO 王道家直系
住所〒101-0021 東京都千代田区外神田5-2-7 外神田下村ビル
最寄り駅末広町駅
電話番号04-7140-0078
営業時間11:00-25:00、[日]11:00-24:00
定休日月曜日

ラーメン

7分ほどして着丼。

黒の受皿に乗ってやってきました。
お馴染みの丼ですね。
ではでは、いただきます。

スープ

濃く茶濁した豚骨醤油です。
大量のガラを炊いたというスープですが、豚骨感よりは醤油感の方が支配しています。
ショッパーギリギリラインの濃度ですが、パンチの効いたスープとなっています。
かなり勢いを感じる味わいですね。

中太のストレート麺となっています。
もちしこ感のある麺で、ほどよいコシと啜りやすさがあります。
スープともしっかり絡んで、麺そのものもうまいですね。

豚チャーシューが1枚入っています。
スモーキーなロースで、ぶりっとした肉感でボリュームを感じます。
ほうれん草はややくたっとしていますが、食べやすいです。
海苔はぴんとハリのあるもので、スープを吸わせて頂くのがよいですね。

評価

勢いとよさとパンチの効いた一杯でした。

★★★★★[95]

ごちそうさまでした。

メニューの情報

メニューラーメン
料金700yen:先会計:券売機:現金決済
スープ醤油:豚骨醤油:家系
中太麺:ストレート
豚チャーシュー、ほうれん草、海苔

半チャーシューまぶし

本体の前にやってきました。

ご飯の上に刻んだ豚チャーシューと海苔が乗っています。
卓上の無限ニンニク、マヨネーズも少し投入してきます。
ライスのみよりリッチに頂けますね。
これだけでも箸が進みますが、スープと一緒に食べるとなおうまいです。

メニューの情報

メニュー半チャーシューまぶし
料金100yen:先会計:券売機:現金決済
刻み豚チャーシュー、刻み海苔